Nintendo Switchは、500%の利益獲得でおおきく飛躍

0
220

任天堂は前回の会計年度に1500万台を超えるスイッチ・コンソールを販売し、大成功を収め、自社の期待を上回りました。任天は、2017年4月から年間で1,000万台を出荷し、去年の10月に1400万台に、その後、今年1月に1500万台に予測を引き上げました。 2017年3月3日リリース以来販売されている総額は1779万ドルで、5年間のWii Uの販売額1356万ドルを上回っています。



Nintendo Switchは、500%の利益獲得

全体として、任天堂の営業利益は前年同期比505%増の1780億円となった。収益は116%増の1兆1600億円だったといいます。任天堂は、スーパーマリオオデッセイは 1000万本、マリオカートデラックスは 900万本、スプラトゥーンは 2 600万本、SNES Classic Edition は500万本以上を販売しました。

今年のNintendo Switch販売数は、2,000万台が見込まれています。

任天堂の今年度の業績は、売上高1兆2,000億円から2250億円の黒字化を見込んでいる。同社は今月から来年3月までに2,000万台のNintendo Switchを販売する予定だといいます。段ボールペリフェラルの新しい製品であるLaboは、若いスイッチユーザーをより取り込めることが期待されています。