Affinity Photo iPad版でドキュメントの新規作成と画像データ読み込み方法

0
396

今回は、Affinity Photo iPad版で画像ファイルの新規作成と画像ファイルの読み込み方法をご紹介します。起動直後に表示されるAffinity Photoアプリのダッシュボード画面で右上にある「+」アイコンを押し、新規ドキュメントの作成を行います。



Affinity Photo iPad版でドキュメントの新規作成と画像データ読み込み方法

Affinity Photoアプリの「ドキュメント作成」画面では、以下のような操作を行うことできます。

  • 「新規ドキュメント」: 白紙のキャンバス画像をサイズを指定して作成することができます。

  • 「クリップボードから新規作成」:画像をコピーしている場合は、コピーした画像でファイル作成します。この時コピーした画像のサイズがキャンバス画像のサイズとなります。
  • 「テンプレートから新規」:以前保存したテンプレートファイルを開き、テンプレートからから作成することができます。
  • 「Cloudから開く」:iCloudに保存されているAffinity Photoファイルを開くことができます。
  • 「Cloudから読み込む」:iCouldに保存されている画像ファイルを読み込んで開きます
  • 「Photosから読み込む」:iPadの「写真」アプリに保存されている画像を読み込んで開きます。
  • 「新規パノラマ」:複数の写真を「写真」アプリやiCloudから読み込み、つなぎ合わせて新規のパノラマ写真を作成します。
  • 「新規スタック」:複数の写真を「写真」アプリやiCloudから読み込み、レイヤーで重ね話させて自動的にスタック画像を作成します。

  • 「新規フォーカス」:複数の写真を「写真」アプリやiCloudから読み込み、自動的にフォーカス画像を作成します。
  • 「新規HDR結合」:複数の写真を「写真」アプリやiCloudから読み込み、HDR結合して開きます。
  • 「新規一括ジョブ」:複数の写真を「写真」アプリやiCloudから読み込み、指定したサイズが画像タイプに一括処理して、指定したフォルダに保存してくれます。複数の画像をJPEGなどに圧縮してサイズダウンして保存したい時に便利です。
  • 「カメラから読み込む」:iPadのカメラを起動し、撮影後読み込んで画像ファイル新規作成してくれます。
  • 「新規プロジェクト」:保存されているAffinity Photoファイルを管理できるフォルダを作成できます。フォルダを作成後、保存されているAffinity Photoファイルをフォルダにドラック&ドロップで移動させ保存することができます。