Google、第2世代Chromecast向けにFCC認証を取得し、Bluetoothを有効に

0
559

FCCに新たに提出された資料によると、Googleは2015年にリリースした、Bluetooth機能搭載の第2世代Chromecastをアップデートしていることを示しています。新しいFCC IDを持っているため、Bluetoothがどのように使用されるのかは現在不明ですが、この文書では、規制上の理由により既存のChromecastがこれらの機能を使えない事がが明示されています。



Google、第2世代のChromecastのFCC認証を取得し、Bluetoothを有効に

2015年のChromecastはFCC ID NC2-6A5で承認されましたが、同じモデル番号を保持する新しいバージョンでは最後に「B」が追加されます。参考報告書によると、NC2-6A5Bには「元のハードウェアと同じハードウェア」が含まれていますが、チップセット内のBluetoothを有効する形で、Bluetooth無線をサポートしています。

オリジナルのFCC ID:A4RNC2-6A5 / IC ID:10395A-NC26A5は、新しいFCC ID:A4RNC2-6A5B / IC ID:10395A-NC26A5と同じ基板設計と機械設計をChromecastマルチメディアデバイス用に備えています。

古いデバイスは既に2.4GHzのBluetooth Low Energyをサポートしていましたが、このアップデートではフル2.4Ghz Bluetoothが可能です。これは、Chromecastが常に備えていた既存の2.4GHzおよび5GHz Wi-Fi機能に加えて追加されました。

この提出は、4月下旬にFCCに提出され、外部および内部の写真、テストセットアップ写真、およびユーザーマニュアルの一時的な機密保持の要求が含まれています。

「製品認証書」には、規制上の理由により、既存のChromecastモデルが「従来のBluetooth操作を有効にするソフトウェアアップデートを行えない」ことが明記されています。

新しいモードでは、FCC ID A4RNC2-6A5の元の証明書でカバーされていない新しい機器コード(DSS)が必要なため、新しいバージョンの機器には新しいFCC IDが必要です。

Googleは、既存のChromecastデバイス用のアップデートソフトウェアを発表していないか、これらのGoogle CastデバイスでBluetoothが許可している機能について詳しく説明していません。これらの新しいデバイスがリリースされているかは不明です。