iPhoneとiPadでスクリーンタイムを使う方法

0
255

iPhoneとiPadのスクリーンタイム機能は、iOS 12以降に搭載されている健康に配慮した機能で、1日の中で長くiPhoneとiPadを使用することを防ぎ健康を助ける事ができます。また、親が子どものiPhoneとiPad利用時間を管理したり、制限したりするのにも役立ちます。

今回は、iPhoneとiPadでスクリーンタイムを使う方法をご紹介します。

スクリーンタイム機能は、単なる機能だけではなく、新しいプラットフォームのような構成になっています。



iPhoneとiPadでスクリーンタイムを使う方法

  1. 「設定」を開きます
  2. 「スクリーンタイム」をタップします

「スクリーンタイム」の上部には、1日の使用時間の推移がグラフで表示されます。

その下の「すべてをアクティビティを確認する」をタップすると、

その日の使用詳細、または「週」をタップすると、過去7日間の詳細データを確認する事ができます。

「スクリーンタイム」のトップ画面に戻ると、「休止時間」「App使用時間の制限」「通信/通話の制限」「常に許可」「コンテンツとプライバシーの制限」があり、これらの設定をカスタマイズする事で、iPhoneとiPadの使用制限を設定する事ができます。