Apple Arcadeを試用期間終了後の課金前に解約する方法

0
389

Apple Arcadeは、月額600円でApple Arcade内のゲームを無制限に遊べる新しいサブスクリプションサービスです。ゲームは同じApple IDで登録している複数のデバイスでアクセスでき、iCloudの「ファミリー共有」を利用すれば1つの定期購入で最大6人とApple Arcadeを無料で共有してゲームを遊ぶ事ができます。このApple Arcadeは現在、30日間の試用期間が提供されているので、30日間無料でApple Arcade内のゲームを無制限に楽しむことができます。

Apple Arcadeを30日間無料で遊んでみてもう使わないという人は、試用期間終了後の課金前に解約することができます。今回は、Apple Arcadeを試用期間終了後の課金前に解約する方法をご紹介します。



Apple Arcadeを試用期間終了後の課金前に解約する方法

方法は3つあります。一番簡単な方法は、iPhone、iPadのApp Storeから直接行う方法です。

iPhone、iPadで解約する場合

  1. 「App Store」を開きます。
  2. 右上のプロフィール写真を(もしくはプロフィールアイコン)をタップします。
  3. 「サブスクリプション」をタップします。
  4. 契約中のサブスクリプションから「Apple Arcade 」を見つけてタップします。
  5. 下の方にある「無料トライアルをキャンセルする」をタップします。

Macで解約する場合

  1. 「App Store」を開きます。
  2. 左下のプロフィール写真を(もしくはプロフィールアイコン)をクリックします。
  3. 右上の「情報を表示」をクリックします。
  4. 下の「管理」項目に行き、青字の「管理」リンクをクリックします。
  5. 「Apple Arcade」を選択します。
  6. 「無料トライアルをキャンセルする」をクリックします。

また、Apple TVでApple Arcadeをキャンセルすることもできます。

Macで解約する場合

  1. 設定アプリを開く
  2. 「ユーザーとアカウント」でアカウントを選択
  3. 「Apple Arcade 」を探す
  4. 「無料トライアルをキャンセルする」をクリックします。