Apple Watch Series 5で「常にオン」ディスプレイをオフにする方法

0
281

Apple Watch Series 5で導入された主な新機能の1つは、「常にオン」ディスプレイです。 「常にオン」ディスプレイ機能は、デフォルトで有効になっており腕を上げなくてもApple Watchで時間を確認できるためとても便利です。 ただ、寝る時やバッテリーの消費を押さえたい時などに、Apple Watch Series 5 「常にオン」ディスプレイ機能をオフにしたいと時があります。今回は、Apple Watch Series 5 で「常にオン」ディスプレイ機能をオフにする方法をご紹介します。



Apple Watch Series 5 「常にオン」ディスプレイ

「常にオン」ディスプレイ機能はApple Watch Series 5 で初めて搭載されました。長らく多くのユーザーが求めていた機能です。 「常にオン」ディスプレイには、いくつかの利点があります。 「常にオン」ディスプレイでは常にウォッチフェイスが表示されているため、Apple Watch画面をタップしたり、手首を回したり上げたりせずに、時刻を確認する事ができます。

また、「常にオン」ディスプレイ機能でもうひとつありがたい点はエクササイズです。「常にオン」ディスプレイは、時計に触れたり手首を上げたりしなくてもワークアウトの進捗状況を確認できます。

Apple Watch Series 5では、「常にオン」ディスプレイはデフォルトでオンになっています。バッテリーを長持ちさせるために、手が下がったときやディスプレイが覆われている時はディスプレイは暗くなり、画面のフレッシュレートも1秒になります。 手首を上げるか、画面をタップすると通常の明るさ、フレッシュレートに戻ります。



Apple Watch Series 5で「常にオン」ディスプレイをオフにする方法

  1. Apple Watchで「設定」(歯車アイコン)を開きます
  2. 下にスワイプするか、デジタルクラウンを使用してスクロールして、「画面表示と明るさ」をタップします。
  3. 「常にオン」をタップして機能をオフに切り替えます