アップルは現在、AirPortラインとしてメッシュWi-Fiシステムを販売

0
355

アップルはウェブサイトと店舗の両方でLinksys メッシュWi-Fiシステムを販売し始めた。アップル社は2013年から独自のWi-Fiベースステーションハードウェアをアップデートしておらず、現在独自のメッシュWi-Fiシステムを提供していないため、注目の動きとなります。

ブルームバーグは1年前、AppleがAirPortチームを解散し、将来のハードウェアリリースを予定していないと報告した。それ以来、AirPortハードウェアのアップデートを見ていません。 AirMac Wi-Fiベースステーションは、現在も販売されており、価格は変更されていません。

Appleは、最近、KRACKとBroadpwnの脆弱性に対処するために、必要に応じてAirMac Express、Extreme、Time Capsuleにファームウェアアップデートをリリースしましたが、11月に登場したiPhone Xディスプレイには最適化されていません。

サードパーティのメッシュシステムを売却する動きとAirPortラインの将来について尋ねられたとき、Appleの広報担当者は以下のコメントをしています。

人々は私たちのAirPort製品を愛しており、引き続き販売しています。家庭内での接続性は重要であり、我々はさらに大きな家庭に適した別のオプションをお客様に提供しています。

Appleの選択肢は、Linksys Velop Whole Home Mesh Wi-Fiシステムで、2パックシステムの場合は350ドル、3パックソリューションの場合は500ドルです。 Tri-Band Wi-Fiシステムは、LinksysのiPhoneとiPadアプリから設定できる各ノードで2,000平方フィートのカバレッジを提供すると評価されています。

Linksys Velopは市場で唯一のメッシュWi-Fiシステムではありませんが、LinksysはApple Storeで既に大きな存在になっており、Belkinが所有しています。 Wi-FiスタートアップeeroはメッシュWi-Fiシステムを早期に出荷していましたが、NETGEAR、TP-Link、さらにはGoogleには独自のメッシュWi-Fiソリューションがありました。

AppleのAirPort製品は、AirPort ExpressのAUX接続スピーカーへのAirPlayサポートや、内蔵ストレージを備えたTime Capsuleへの即時使用可能なTime Machineバックアップサポートなどのユニークな機能を提供します。ネットワークAirMac Wi-Fiベースステーションを一緒に使ってネットワークを拡張することもできます。