YouTubeは動画配信停止に関する第1四半期レポートを発行

0
98

コミュニティガイドラインに違反しているYouTube動画に対する対応はGoogleの絶え間ない努力で成り立っていますが、検出システムは、時折、違反動画を見逃してしまうことがあります。同社は昨年12月にさらなる改善を約束しており、このプロセスについてより透明性を持たせるため、YouTubeレポートサイトをアップデートしている。



YouTubeは動画配信停止に関する第1四半期レポートを発行

Googleの透明性レポートサイトの一部であるYouTubeコミュニティガイドラインの第1回実施レポートは、2017年10月から12月までの期間で、四半期単位で公開されました。 Googleは、違反コンテンツ削除の進捗状況を示しており、2018年末までにレポートシステムを「洗練」し、コメント、スピード、ポリシーの削除理由に関する追加データを提供する予定です。

一方、Googleは、ユーザーが報告履歴のダッシュボードで問題がある動画を追跡できるようにしています。

YouTubeでは、動画を調べる機械学習の進捗状況も確認できます。昨年10月からの3か月間、670万本の動画がこの機能によりレビューされました。大部分はスパムとアダルトコンテンツで、76%は表示される前に削除されました。

このサイトでは、MLを活用することで、過激派、テロ対策、人権に関する専門知識を持つフルタイムのスペシャリストを派遣し、地域の専門家チームを拡大するなど、より多くの人々のコンテンツレビューが求められています。