iPhoneで、撮影後の写真からLive Photo機能をオフにする方法

0
371

iPhoneのLive Photo機能は便利ですが、他の人に写真を送信する時など、撮影後にLive Photo写真のLive Photo機能をオフにしたい時はありませんか、今回は、撮影後の写真からLive Photo機能をオフにするにする方法をご紹介します。

iPhoneのLive Photo機能は、写真を撮る前と後の1.5秒をキャプチャして動画として再生できる便利な機能で、撮影した瞬間をライブ的にリアルに表現させる事ができます。 ただ、標準の静止画が本当は欲しかったのに、誤ってこの機能をオンにして撮影してしまう場合もあります。

幸いなことに、Appleは​​iPhoneユーザーが既に撮影した写真のLive Photos機能をオフにする機能を提供しています。



撮影後の写真からLive Photo機能をオフにする方法

この手順はiPadでも同じになります。

  1. 「写真」アプリを開き、ライブから削除する画像を選択します(アルバムに移動し、「メディアの種類」> 「ライブフォト」にスワイプすると、すべてのライブフォトを表示できます)
  2. 右上の「編集」をタップします
  3. 左下隅(iPadの中央左)にあるLive Photosアイコン(3つのリングが付いた円)をタップします。
  4. 画面の上部中央にある黄色のライブボタンをタップし、「完了」をクリックします
  5. 下の図のように画面の上部中央にある黄色のライブボタンをタップして標準の静止写真にして、「完了」をクリックします。

これで、写真がLive Photoから静止画に変換されます。