iPhoneやiPad、Macのスクリーン共有して、リモートから操作する方法

0
2329


iPhoneやiPad、Macのスクリーンを共有してリモートから操作できると便利な時があります。今回はiPhoneやiPad、Macの画面共有を共有してリモートから操作する方法をご紹介します。

また、TeamViewerやlogmeinなどのサードパーティアプリで画面共有と操作する方法もご紹介します。

個人的にお気に入りの方法は、MacでQuickTimeを使ってiPhoneやiPadの画面共有ですが、iOSデバイスしか持っていない場合でも他の方法があります。



iPhoneやiPad、Macのスクリーン共有して、リモートから操作する方法

iOSスクリーンレコーディング機能を使う方法

最初にご紹介するのは、iOSのスクリーンレコーディング機能です。この機能ではスクリーンの動画を撮影してもらい共有してもらう方法になります。この場合、リモート操作はできませんがiOS間でスクリーンを共有したい場合は役に立ちます。

まず、iPhoneX以降は画面右上か下にスワイプ、iPhoneX前のモデルは画面下から上にスワイプして、スワイプコントロールセンターを開きます

下にある「画面収録」アイコンをタップします。

「画面収録」アイコンが表示されていない場合は、「設定」「コントロールセンター」「カスタマイズ」の画面で「画面収録」を上のリストに追加してください。

「画面収録」アイコンをタップするとカウントダウンが始まり、画面の録画が始まります。

録画を終了する場合は、画面上の帯をタップして停止します


動画は自動的に「写真」に保存されます

MacからMacへ画面を共有する方法

MacからMacへ簡単に画面共有する方法があります。

画面共有をしたい場合は、Macのシステム環境設定→共有で「画面共有」ボックスがチェックされていることを確認してください。

また、共有元と共有先で、Apple IDが同じでない場合は、両方のMacでApple IDに使用している電子メールを連絡先に登録する必要があります。

Macで画面共有を開始する方法は2つあります。

Spotlightで「画面共有」を検索して起動します


画面共有したい相手のApple ID(Email) を求める入力ダイアログが表示されます。


Apple IDの入力が完了すると、受信側のユーザーに招待状が届きます


必ず[自分の画面を制御する]を選択してください。

画面共有を開始するもう1つの方法は、macOS上のメッセージアプリから起動します

メッセージの右上隅にある[詳細]をクリックします


2つの四角形があるアイコンをクリックします

[自分の画面を共有するために招待する]または[共有を求める]を選択します


接続すると、FaceTime音声通話も自動的に開始され、画面にすべて表示されます。

QuickTime Playerを開いてMACの画面を録画する方法

もう1つの便利な方法は、QuickTime Playerを開いてスクリーンレコーディングを行う方法です

QuickTime Playerを起動します

ファイル→新規画面収録をクリックします


画面収録を終了する場合は、メニューバーのの隣にある「画面収録」をクリックして、「画面収録の終了」を選択します。

Macを使用してiOSデバイスの画面を収録する方

これは、Appleが2014年にQuickTime Playerに組み込んだ機能を使って行う事ができます。

MacにiOSデバイスをUSBケーブルで接続します

QuickTime Playerを起動して、[ファイル]→[新規ムービー録画]の順にクリックします

動画収録画面が開いたら、レコードアイコンの横にあるドロップダウン矢印を選択し、画面録画したいiOSデバイスをクリックしてから[レコード]をクリックします

リモート操作が可能なサードパーティ製ソフトウェア

TeamViewerは、Appleデバイスなどとの画面共有に最適なサードパーティソフトウェアの1つです。個人アカウントでの利用は無料で、リモートコントロールオプションもあります

TeamViewerは、LIVE iOSデバイスの画面へのアクセスとデスクトップまたはモバイルデバイスからの制御を可能にする世界で唯一のリモートサポートテクノロジです。


Logmeinはもう1つの一般的な選択肢ですが、TeamViewerのように無料での提供はありません。