2018 iPad Proモデル向けのiOSのコンセプト!新しいSiri、Dock、マルチタスクを想像

0
105


数ヶ月前、KirvinEugèneは美しいiOSコンセプトを作成しました。このコンセプトは、現在のフルスクリーン操作を徹底的に排除し、直感的で、複雑ではない新しいデザインでiPhoneの機能を再考していました。今日、KirvinEugèneは、今後登場する新しいiPad Proモデル向けのiOSコンセプトを作成し、新しくデザインされたSiri、Slide Over、マルチタスキング、Dockなどを披露しています。



2018 iPad Proモデル向けのiOSのコンセプト!新しいSiri、Dock、マルチタスクを想像

KirvinEugèneの最新のコンセプトでは、Appleが来週に発表する予定のiPad Proモデルにあわせ、より大きなベゼルレススクリーンでのコンセプトイメージを作成しています。

注:この投稿はすべての豊富なGIFでゆっくり読み込まれることがあります

効率的なSiri

EugèneはSiriコンセプトに斬新なアイデアを持ち込みました。彼は「並列ヘルプ」機能を導入しています。また、ホームボタンの操作なしで、Dockから利用できるSiriボタンiPad Proモデルアイデアが含まれています。 EugèneはiPad Proの物理的なボタンの1つを使用するよりも実用的だと考えており、音声でSiriを有効にすることができます。

並列ヘルプ機能では、たとえば、メモを書いているときに特定の場所の写真を検索するようにSiriに依頼すると、Siriは横からスライドして登場するため、既存の作業の妨げにならないようになっています。

また、Siriで検索した文書などをアプリにドラッグアンドドロップできるため、効率よく作業ができるようになっています。

このコンセプトでは、ホームインジケータスタイルのハンドルをプルダウンすることで、Siriの結果を拡大することもできます。

iOSのコンセプトは以下から確認できます。