新しいApple Watchシリーズ4では、新しい「インフォグラフ」フェイスが登場

0
476

アップルは、開発者向けにドキュメンテーションビデオを公開しています。このドキュメントでは、Apple Watch Series 4の新しいディスプレイで新しい複雑な表示要素をどのように使用できるかを説明しています。また新しいウォッチフェイスには、InfographとInfograph Modularのウォッチフェイスが利用できます!



新しいApple Watchシリーズ4では、新しい「Infograph」フェイスが登場

サードパーティー開発者は、Infographモジュラーウォッチ真ん中の新しいカーブしたコーナーゲージ、フルカラーのグラフと画像、180度のダイヤルでカスタムベゼルのテキストを表示することができます。

Appleはカーブしたプログレスバーをゲージと呼んでいます。これらはグラデーションの虹色で、タイマーアプリで使用される時間間隔に基づいて自動的に更新することもできます。レンジゲージはリングを使用して現在の値を示します。

インフォグラフモジュラーフェイスは、単純なテキストやアイコン表示を超え、任意の画像を中央に表示できます。これにより、例えば、豊富なグラフをアプリに表示することができます。

グラフィックコーナーテンプレートは柔軟性があります。テキストやイメージのゲージ、色の異なるテキストのセット、またはシンプルなアイコンを使用できます。これらの設定は当面はInfographのウォッチフェイスにしか使われないようです。他のウォッチフェイスは、デザインの観点からほとんど変化していません。

開いているゲージは、インフォグラフモジュラーフェイスの底にあり、同様の情報を異なるビジュアルプレゼンテーションでコーナースタイルに表示できます。


円形のリングは、新しいモジュラー面の底部、またはInfographのアナログ面の中央部に置くことができます。これらのリングは、進行するリングまたは単純な画像になります。

ダイヤルとインラインで並んでいるテキストに関しては、サードパーティのアプリでテキストを表示できます。テキストは常に最上部の中間に表示され、ダイヤルの上半分を埋めることができ、180度に近いテキストコンテンツが表示可能です。インフォグラフ面では、ダイヤルテキストは12時の位置にある円形のリングによって制御されます。