iPhone XSとiPhone XRは、アプリを起動することなくNFCタグを読み取り可能に!

0
306

iPhone Xs、iPhone Xs Max、iPhone XRには、Appleがステージで触れなかったNFCの新機能が含まれています。新しいモデルは、バックグラウンドでいつでもNFCタグをスキャンすることができます。現行のiPhoneでは、まずNFC Readerモードを有効にするアプリを起動する必要がありました。



iPhone XSとiPhone XRは、アプリを起動することなくNFCタグを読み取り可能に!

iPhone XsとiPhone XRでは、NFC起動にアプリ起動を必要とせず、ユーザーは互換性のあるNFCタグをiPhone画面を起動し、それをスキャンするだけで読み取れます

NFCスキャンにより検出された場合、iPhone XsまたはiPhone XRのロック画面に通知が表示されます。ユーザーはアラートをタップして、アプリケーションをフォアグラウンドに立ち上げ、NFCタグのコンテキストを渡すことができます。

このシステムにはいくつかの制約があります。アップルのユニバーサルリンクシステムに登録されているURLで終わるNDEFタグがサポートされている必要があります。バックグラウンドタグの読み取りは、iPhoneのディスプレイがオンの間のみ可能です。

バックグラウンドタグを読み取るには、再起動後に少なくとも1回ロック解除されている必要があります。また、Apple Pay Walletセッションがアクティブな場合、機内モードが有効な場合、また、カメラがオンの場合は無効になります。

サードパーティ固有のアプリタグをサポートするカスタムURLスキームに加えて、iOSはいくつかのデフォルトのURLスキームタイプと統合し、直感的な動作を提供します。 NFCタグがURLでエンコードされている場合、ユーザーはスキャンして通知をタップし、Safariを起動できます。同様に、電子メールタグはMailを起動することができ、電話番号で符号化されたタグから電話をかけることができます。

いずれの場合も、通知をタップしてアクションを開始するために、明示的なユーザーの操作が必要です。これにより、ユーザが誤ってNFCを読み取ってしまったり、誤って行動したりすることを防ぐことができます。