Appleは、折り畳み式iPhoneについて追加の特許を申請

0
67

Appleは折り畳み式ディスプレイについて別の特許を申請しています。Appleは、長年にわたり、折り曲げ可能なディスプレイや折りたたみ可能なディスプレイについて、様々なコンセプトに取り組んできました。視覚的に湾曲したディスプレイを搭載したiPhoneはまだ登場していませんが、iPhone X、XS、およびXS Maxはすべて、フレキシブルディスプレイを使用しおり筐体内では湾曲しています。



Appleは、折り畳み式iPhoneについて追加の特許を申請

Appleが折りたたみ可能なディスプレイに取り組んでいるという噂は長い間、ささやかれてきました。。それは、iPad miniのディスプレイサイズをiPhoneのサイズに折り畳む事ができるものです。

昨年遅くに公開された特許出願では、「本のように開け閉め」できるディスプレイを記述しており、今日付与された特許は、ヒンジを管理するための様々なオプションが記載されています。

Appleの特許でよく見られる傾向はすべての可能性をカバーしようとしています。この特許ではスクリーンが外に折り畳まれたiPhoneのデザインと、スクリーンが中に折り畳まれたにブックスタイルデザインを描写しています。ブックカバーのように、ディスプレイが装置の外側を包むデザインもあり、両方を行える二重ヒンジ設計になっています。

Appleのこれまでの特許では、折りたたみ式のスクリーンではなく2つの別々のディスプレイを使用していました。今回の特許で、Appleが折りたたみ式のiPhoneを作る予定の場合、おそらく単一のフレキシブルなディスプレイを使う可能性があります。

今年、サムスンは折り畳み式携帯電話を発表すると予測されていました。サムスンは11月のデベロッパーカンファレンスでデバイスを披露すると公表していますが、発売時期については明言を避けています。