Apple Watchの特許出願内容から、スクリーンの常時オンモードが発見される

0
128


Apple Watchに関連する特許出願内容から、Appleはスクリーンの常時オンモードに取り組んでいる可能性があります。これは要求の多い機能でしたが、2つの課題があります。



Apple Watchの特許出願内容から、スクリーンの常時オンモードが発見される

明らかな問題はバッテリー寿命です。 Apple Watchは、モデルや使用パターンによって、1日から数日間に快適に使用できますが、これは比較的短い間、画面がオンになっているためです。

しかし、スマートウォッチの中には、灰色のグレースケールモードを使って、時計を使用していない時間も表示出来るものがあります。Appleはすでに夜間に切り替わる低電力時間表示を備えていますが、それでも常時オンではバッテリーの消耗が激しくなります。

2番目の課題は、OLEDスクリーンの焼き付き問題です。

Appleが特許内で説明している方法では、スクリーンの焼きつきを防止できません。逆に画面の特定の領域の輝度と色を人為的に調整する方法でこの問題を解決しようとしています。

デバイスディスプレイに一般的に使用されている有機発光ダイオード(OLED)ディスプレイは、寿命にわたって不均一な方法で劣化し、望ましくない色/輝度アーチファクトにつながります。

この問題に対処するために、所与のOLEDディスプレイに関連する履歴使用情報を記録するバーンイン統計を使用して、OLEDディスプレイの動作を人為的に調整し、動作全体にわたって視覚的均一性を実質的に回復させることができる仕組みになります。