新型iPhone 急速充電とワイアレス充電機能搭載?

D5EA8E47-C5E1-4D36-8062-193F284DAB32

2017年のiPhoneは、新デザインを期待しているが、2つの新機能のリーク情報もながれてきている。 ソニー・ディクソンの話から予測すると、 急速充電とワイアレス充電機能 3つの新しい2017年のiPhone(ディクソンは3つの異なった新しいモデルがあるという以前の情報源を繰り返し述べている)の中に、充電ポートを管理する新しい「Tristar 3、Hydra」チップが登場する。「一般的な言葉にすると、急速充電が含まれます」と彼は説明します。

 

まず、急速充電が現在の急速充電標準と互換性があるかどうか。これはクアルコムではないため、「クイックチャージ」にはなりませんが、USB 3.1に組み込まれた高速充電が可能になる可能性があります。ApppleはMacBookの範囲全体で提供をすすめてきています。ライセンス料を考えると、Lightningからの変更があることは間違いなかもしれません。 ワイヤレス充電については言及していませんが、シャーシの材質の変更を考えれば期待できます。

 Tap to Wakeは「iPhone 8」専用機能です。 2017年に3つの新しいiPhoneモデルが登場するというだけで、両者の間に匹敵することはありません。 ディクソンは、Appleが最終的にTap To Wakeを追加することでAndroidに追いつこうとしていますが、

iPhone 7SとiPhone 7S Plusではなく、全く新しいデザインの「iPhone 8」だけに搭載されると説明しています。 Tap To Wake機能は 画面をタップすることで通知を簡単にプレビューできる機能で、多くのローエンドのAndroid端末で定番の機能です。

 Dicksonの説明筋によれば、iPhone 8の「現在のロードマップ」にあると言われています。 iPhoneの売上が減少し、3世代も見た目が似たモデルをリリースしており、革新的なものをだせていない意味でも、そのイメージを吹き飛ばすためには、Appleは2017を新しいiPhoneの重要な年としているはずかと思います。また長い間実装できていなかった重要な機能に追いつく必要があります。

 ‘All Curve’ OLEDディスプレイと強化されたデュアルカメラ技術は、リリース時に目につく新機能になると思いますが、Tap to Wakeと急速充電は日々の操作で同様に有用な昨日としてリリースされることを期待したいです。