Apple Watchのワークアウトアプリで、省電力モードを有効にする方法

0
83


ワークアウトアプリは、Apple Watch搭載アプリの中でもバッテリーを多く消費するアプリです。心拍センサー、GPS、携帯電話のデータ通信(iPhoneから離れている場合)を常に使用します。アップルウォッチのバッテリー残量が少なくなっている場合でも、アクティビティリングを埋めた場合は、バッテリー残量が問題になる可能性があります。今回は、ワークアウトアプリを使用しながら、省電力モードを有効にする方法する方法をご紹介します。



Apple Watchのワークアウトアプリで、省電力モードを有効にする方法

iPhoneで、Watchアプリをひらきます

下にスクロールしてワークアウトをタップします

省電力モードに切り替えます

省電力モードでは、Apple Watchは携帯電話のデータ通信と心拍数の検出を完全に無効にします。

GPSはまだ利用できます。アップル社は、このモードでカロリー燃焼が正確ではなくなると指摘しています。Bluetooth対応の外部心拍数モニタは影響を受けません。