次世代iPad Proケースから、次世代iPad Proのスマートコネクタが縦型配置になることが判明!?

0
99

7月の記事によると、Appleは新しいiPad ProのSmart ConnectorをLightningポートの上に配置される噂があります。また、この位置に配置されているCAD画像もリークされていました。

今日、Slashleaksに掲載されたiPad Proケース写真では、Smart ConnectorがCAD画像とおなじ位置に配置されていることがわかります。



特許取得済みの次世代iPad Proケースから、次世代iPad Proのスマートコネクタが縦型配置になることが判明!?

新しいiPad Proモデルでは、追加される予定のFace IDが垂直方向でしか機能しないため、Lightningポートの下に移動する必要があると予測されます。キーボードとスプリットビューの両方が水平方向に使用することを前提に設計されているため、ポートレートモードでのキーボード接続はあまりよい形ではなく、別の報告では、ポートレートモードとランドスケープモードの両方でFace IDが機能するようになるのではと予測されています。

ポートレートモードでのキーボード使用の可能性は捨て切れません。実際、アップル社はかつて垂直使用のために設計されたiPadのキーボードドックを販売していました。

ケースには長辺に2番目の切り欠きがあります。これは、既存のスマートコネクタとほぼおなじ位置にあり、これは2つの場所で、スマートコネクタに接続できる可能性がありますが、これは製造コストの増加、筐体内のスペースの増加、Appleのミニマリストデザインに反することを意味します。