Apple Music for Artistでアーティストイメージを変更する方法

0
215

アーティストが長年求めてきた機能の1つは、アーティストがiTunesやApple Musicなどで検索されるときに表示されるアーティスト画像/カタログページを変更する機能です。

一部のレーベルやディストリビューターは、Appleに手動で音楽を提出する方法で、アーティスト画像を変更できますが、ミュージシャン自身で行う方法はありませんでした。

つまり、多くの独立系アーティストは、自分で好きなアーティスト画像を選択できなかった状態でしたが、Appleが最近立ち上げた「Apple Music for Artists」のベータ版では、ミュージシャン自身でアーティスト画像の変更が可能になりました

この新機能は、アップルが今秋にリリースする予定のiOS 12で正式に公開される予定です。今回は、「Apple Music for Artists」ベータ版でアーティスト画像を変更する方法をご紹介します。



Apple Music for Artistでアーティストイメージを変更する方法

ベータ版のApple Music for Artistsには、「管理」タブの下に新しいアーティスト画像提出機能があります

この機能から、アーティスト(またはそのアーティストのApple Music for Artistsアカウントを管理する権限を持つユーザー)は、レビューのために新しいアーティスト画像を簡単に送信できます

Appleは画像が少なくとも2400×2400でなければならないと説明しています。

画像をアップロードすると、Appleはクロップを調整して、Apple Music内のさまざまな場所でどのように表示されるかをプレビューできます

画像の調整が終わったら、アートワークをAppleに提出して審査を受けることができます

アップルはレビュープロセスにどれくらいの時間がかかるかを明示していませんが、アーティストは自分のアーティスト画像をアップロードし、いつでも変更することができます。

今年初めに発売された新しい「Apple Music for Artists」のベータ版は、アーティストやその代理人がアップした音楽管理や購入者に関する詳細な分析を表示できるプラットフォームです。

新しいアーティスト画像のアップロード機能は、新しいダッシュボードが提供しているリスナーデータ以外の最初の機能で、Apple Musicをアーティスト向けに、Spotifyプラットフォームのように変更した機能です。

Spotifyのプラットフォームは最近、アーティストが未発表の音楽をエディタに直接提出して編集プレイリストを検討できるようにしました。 Spotifyのサービスは、アーティストが自らの実際の公開情報を編集することを可能にしている。

iOS 12では、アーティストの画像はかなり大きく、再生ボタンが追加されます。

Apple Music for Artistsのベータ版はまだ特定のユーザーに限られていますが、Apple Music上に既に音楽を提供しているアーティストは、AppleWebサイトからベータ版無料サービスを申し込むことができます。