Office 365 for Macは、9月よりmacOS Sierra以上が必要に!

0
191


Microsoftは先月Mac版Office 2019のプレビューを公開しました。また、Microsoftは、今後のOffice 365アップデートでは、macOS Sierra以降のOSが必要になると発表しています。



Office 365 for Macは、9月よりmacOS Sierra以上が必要に!

マイクロソフトはブログ記事で、来月公開予定のMac用Office 365 / Office 2019に付属する最新の機能を利用するには、少なくともmacOS Sierra 10.12を搭載している必要があるとコメントしました。

Office 365 Mac版、2018年9月のアップデートでは、Mac用Officeの各アプリを新しいバージョンにアップデートする予定ですが、新しいアップデートを適応させるには、macOS 10.12以降が必要になります。。

アップデートは来月Office 365の購読者に向けリリースされる予定です。

最新のOffice365に登場する新機能には、新しいフォーカスモード、モーフトランジション、新しい管理ツールなどが含まれます。

マイクロソフトでは、MacOS 10.11以前のユーザーは引き続きサポートするが、新しいアップデートは得られないとしている。