AppleのShazam買収は調査結果により、ついにEUで承認か!?

0
126


昨年12月に、AppleはShazamを買収する計画を発表しましたが、ヨーロッパの規制により承認が保留されていいため、音楽認識サービスであるShazamの買収が遅れてていました。ロイターは、9月4日の買収調査の期限をもって、Appleに有利な決定が下される可能性があると報告している。



AppleのShazam買収は調査結果により、ついにEUで承認か!?

ロイター通信は、匿名の情報筋によると、取引は条件なしで承認される可能性が高いといます。

EU反トラスト規制当局は、譲歩を要求せずに英国の「Shazam」のApple(AAPL.O)の入札を承認する予定だと、この問題の精通者がコメントしているといいます。

欧州委員会は、AppleのShazamを買収について、「徹底した」4ヶ月間の調査を行うと発表していた。懸念事項は、Shazamによって収集されたデータの所有権が、Apple(およびApple Music)に移行した際に、競合他社にとって不公平な利点を持つ可能性がある問題がありました

AppleはすでにSiriの機能でライセンス契約を結び、Shazamと統合しているが、このサービスを所有することで、自動タグ付けなどの統合性が向上し、音楽アプリに直接統合される可能性がある。 Shazamは、音楽分析サービスのための金鉱的存在になることも期待されている。