新しいMicrosoft特許は、サーフェスペンでマウスを排除したいMicrosoftの意向が読み取れる?

0
421

2月15日(木)にMicrosoftが提出した新しい特許は、U字型のタッチセンシティブなクリップを搭載した、新しいサーフェスペンについて記載しています。その主な目的は、すべてのコンピュータマウスにあるスクロールホイールをエミュレートして、ページを上下にスクロールしたり、コンテンツを拡大/縮小したりできるようにするものです。クリップの長さに沿って指を動かすだけで、ズームやスクロールができます。



マウス操作ができるサーフェスペン

Microsoftのスタイラスは、タッチセンシティブなクリップを提供することによって、マウスデバイスのスクロールホイールに類似した方法で、スクロール、ズーム、または他のコンピューティング機能を提供することができるようにするものです。 これにより、ユーザーは、スタイラスをより使うようになり、マウスデバイスを使用すしなくなるかもしれません。

1つの設計例では、タッチセンシティブクリップは、先端部と消しゴム端部との間に位置し、消しゴム側に向かって接続します。クリップの外部絶縁材料よりも大きな導電性が必要な内部導電性材料からなる。この外殻は、プラスチック、塗料、または「電気的に絶縁する」コーティングから構成される。

マイクロソフトの特許では、導電性材料がクリップの上部に向かってあり、チップ領域の近くまで伸びるにつれてより薄くなることが示されている。一方、クリップの外装材は正反対です。先端部が厚く、ペン自体のクリップの物理的な取り付けに向かって伸びるにつれて細くなります。

クリップの導電性材料は、ペンベースの周辺機器内に配置された容量センサに接続される。このセンサーは、タッチから生じる電気的変化を測定します。

一方、別の設計例では、内部導電材料は厚さを変化させないものになっています。クリップ自体は依然としてU字型であるが、外面材は先端部で薄く、クリップの上を消しゴム端部まで移動するにつれて厚くなります。その最も厚い部分は、クリップがペンに物理的に接続されているところになりますが、全体的なスクロール/ズーム機能は同じままです。

現行のサーフェスペンはプラチナ、ブラック、ブルゴーニュ、コバルトブルー、アクアブルーの各色で100ドルで提供されています。 Bluetooth 4.0を介してWindows 10デバイスに接続し、超小型のAAAAバッテリを使用します。周辺機器は単一のバレル・ボタンとテール・イレーザー・ボタンで構成されていますが、Microsoftの特許は2つのバレル・ボタンとテール・イレーザーを示しています。 2つのバレルボタンは、マウスの左クリックボタンと右クリックボタンと同じように機能します。