Appleの新しい特許申請、Mac用のFace IDとジェスチャーコントロール

0
57


ほとんどのiPhone Xオーナーは、Face IDからTouch IDに戻ることは決してないと思っているかもしれません。

今年新しいiPad ProモデルにFace IDが追加されることはほぼ確実で、Appleの新技術の特許は今日、MacにD同じFace I技術を提供する事を考えています。



Appleの新しい特許申請、Mac用のFace IDとジェスチャーコントロール

Macで顔認識を実現する最初に発見された特許申請は、iPhone Xの発売より前の段階にありました。この特許申請に記載されている、スリープモードに入っていても、Macに近づいたときに自動的にログインできるようにする方法は非常に巧妙な技術でした。

この特許は、スリープモードのMacがカメラを使って顔を認識する方法について説明しています。これはおそらくPower Napに追加される機能で、眠っているMacは多くのパワーを使わずに特定のバックグラウンドアクティビティを実行できるものでした。

Macが顔を認識し、ユーザーが特定された場合にMacを起動させます。

今日出願された特許では、この以前出された特許内容の顔検出を参照し作られています。

この特許せは、コンピュータは、iPhone Xと同じくユーザーの顔の奥行きマップを検出できる顔検出アルゴリズムを適用しています。

また、Macを制御するためのジェスチャー機能についても記載されています。この特許で指定された発明者は、MicrosoftのKinectセンサーを開発した会社であり、Appleが2013年に買収したPrimeSenseによるものでした。