macOS Mojave ユーティリティは、Windowsアプリのアカウント、連絡先などを転送を可能に

0
161


Appleは、WindowsからMacOSへの切り替えをよりシームレスにするいくつかの新機能を追加してきており、macOS 10.14 MojaveでWindows Migration Assistantを拡張しています。



macOS Mojave ユーティリティは、Windowsアプリのアカウント、連絡先などを転送を可能に

TwitterユーザーがMacOS 10.14 beta 6で発見した機能、設定アシスタントと移行アシスタントは、アカウント、書類、電子メール、連絡先、カレンダーなど、これまで以上に多くのデータを移行できます。

以前の移行アシスタントは、Microsoft Outlookなどのサードパーティのサービスからデータをインポートすることはできませんでした。デスクトップやドキュメントフォルダのデータなど、フォルダに保存されたローカルなデータをインポートできるだけでした。

これはWindowsから移行してくるユーザーにとって大きな前進です。Migration Assistantはまだベータ版であり、今年の秋にmacOS Mojaveと共に正式にリリースされる予定です。