iPhoneとiPadで明るさの自動調整機能を無効にする方法

0
55

iPhoneとiPadの両方のiOS設定で、明るさの自動調整オプションが用意されています。iOSでは、各デバイスの周囲光センサーを使用して室内の光レベルを検出し、それに応じて自動的に表示輝度を調整します。より明るい部屋や屋外では、iOSによってディスプレイの明るさが向上し、暗い環境や夜間では明るさが低下します。

これは、iPhoneまたはiPadの画面の明るさを、照明設定に適した明るさで自動調整してくれるため、設定やコントロールセンターで調整する必要がない点で便利です。また、バッテリーの寿命を延ばすのにも役立ちます。

しかし、時にiPhoneの明るさは、ユーザーが望むものではないことがあります。たとえば、ある部屋ではかなり暗いかもしれませんが、特定のアプリやムービーに対して最大の明るさをだいしたい場合があります。

コントロールセンターまたは[設定]> [画面表示と明るさ]で輝度を手動で調整し、iOSの自動輝度を上書きすることができます。しかし、この方法だと、自動調整はまだ機能している状態になります。自動輝度機能を完全にオフにして、iPhoneやiPadの画面の明るさを常に一定にしたい場合は、iOS自動輝度機能を設定からオフに変えることがことができます。今回は、この方法をご紹介します。



iPhoneとiPadで明るさの自動調整機能を無効にする方法

自動明るさを無効にするには、iPhoneまたはiPadで、[設定]> [一般]> [アクセシビリティ]> [ディスプレイ調整]に進みます

ここでは、色を反転するオプションや、10.5インチのiPad Proではディスプレイのフレームレートを制限するなど、ディスプレイ関連のさまざまなアクセシビリティオプションが表示されます。

[明るさの自動調節」をオフに切り替えます

このオプションをオフにするだけで、iPadまたはiPhoneは自動的に画面の明るさを調整しなくなります。


明るさの自動調整が無効になると、デバイスの画面が暗すぎて野外で使用しにくくなる可能性があります。明るい画面に変更したい場合は、コントロールセンターを開き
、適切な明るさに手動で設定する必要があります。