強制的にiPhone Xを再起動する方法

0
46


iPhoneがスリープから復帰しなかったり、応答しない場合、アプリの実行中にフリーズしたりする場合は、強制再起動が必要です。 MacまたはPCの電源ボタンを長押しするのと同じように、iOSが応答していないときの最後の手段として、通常のソフトウェアベースの電源オプションではなく、ハードウェアでの強制アップデートを行う必要があります。



強制的にiPhone Xを再起動する方法

iPhone Xの場合、ホームボタンがないため、デバイスを強制再起動のプロセスが以前のiPhoneと少し異なります。ただし、画面が応答しない場合は、まずiPhoneのバッテリー寿命を確認することをお勧めします。強制再起動を行う場合は、バッテリが消耗がはげしくなり、強制再起動中に停止してしまう可能性があるからです。

バッテリー残量が十分な場合は、下記の方法でiPhone Xを強制再起動できます。

音量ボタン(デバイスの左側にあります)のどちらかを押しながら、サイドボタン(デバイスの右側)を押し続けます

正しく押せていれば、アップルのロゴが表示されます。この状態でサイドボタンを放すことができます。その後は、通常どおりにデバイスを再起動します。うまくいけば、再起動時に問題が修正されます。もし再起動できない場合は、Appleサーポートセンターに連絡する必要があります、

あなたがiPhone 8または8 PlusとiPhone 7と7 Plusの場合も、同じ手順になります。アップルのロゴが表示されるまで音量ダウンボタンとサイドボタンを押し続けます。