watchOS 5で、ウォーキートーキーの連絡先を管理する方法

0
274

ウォーキー・トーキー機能はApple Watchで長らく検討されてきた機能です。最初のwatchOS 1.0では、Apple Watchの発売前に直前に廃止された機能です。

ウォーキー・トーキー機能の魅力は、いつでもどこでも誰とでも話すことができることです。それは素晴らしいことですが、連絡先の管理に困る機能でもあります。

watchOS 5では、ウォーキー・トーキー機能の連絡先管理機能も搭載されており、連絡先ごとにアクセスを制御することができます。今回は、ウォーキー・トーキー機能の連絡先管理方法をご紹介します。



watchOS 5で、ウォーキートーキーの連絡先を管理する方法

Apple Watchで、Walkie-Talkieアプリに入ります。

削除したい連絡先を見つけて、左にスワイプし、大きなXアイコンをタップして削除します。

また、アプリの一番上までスクロールしてAvailableスイッチをオフにすることもできます。これで、機能は完全に無効になります。


現在の状態では、Walkie-Talkieは、Apple Watchの「Do Not Disturb」、「Mute」、および「Theatre Mode」を無視して動きます。