Appleは新しいRadeon Pro 580搭載eGPUでBlackmagic Designと協力

0
74

アップルの突然の最新MacBook Pro発売は、今日の最大のニュースで、このアップデートでは、15インチモデルは最大32GBのRAMを搭載し、13インチモデルではクアッドコアCPU搭載など、多くのユーザーの要望が実現されています。

しかし、グラフィックスは依然として支援が必要な領域で、Appleはこれを認識しています。Appleは今年の春、公式のeGPUをサポートする新しいバージョンのmacOSをリリースしました。また、今日、アップル社は、新しいオールインワンのeGPUで、DaVinci Resolve NLEで知られているBlackmagic Designと協力していることを明らかになりました。



Appleは新しいRadeon Pro 580搭載eGPUでBlackmagic Designと協力

これは、LG UltraFine 5Kディスプレイと互換性がある最初のeGPUです。ディスプレイをThunderbolt 3ポートに直接接続し、eGPUでディスプレイと接続します。

eGPUは8GBのRadeon Pro 580で構築されており、Blackmagicによれば、デバイスは静かで小さな設計になります。


Blackmagic eGPUは低ノイズを必要とする環境での動作に特化して調整されています。冷却システムは、ビデオ制作およびオーディオエンジニアリング環境で使用するユーザーにとって不可欠な、18dBという非常に静かな動作を可能にします。

仕様

  • 8GBのGDDR5メモリ搭載のRadeon Pro 580内蔵
  • 2つのThunderboltポート
  • 4つのUSB 3ポート
  • 1つのHDMI 2.0ポート
  • フルスピード充電のための85Wの電力供給
  • 公式にThunderbolt 3経由でLG UltraFine 5Kディスプレイをサポート
  • 価格:699ドル