iPhoneで3D Touchを無効にする方法

0
64


3D Touchは、iPhone用の優れた機能です。しかし、この機能を直感的に使用する事は難しく、時には誤操作を引き起こす場合があります。たとえば、ホーム画面のアプリショートカットを誤って削除しまう場合もあります。

今後のiPhone XRは「ハプティックタッチ」機能をサポートするため、3D Touchが非対応となりました。ハプティックタッチは、3D Touchと同じように機能しますが、Home Screen ShortcutsやPeak and Popなどの機能はありません。

3D Touchを使う必要がない場合は、3D Touchを使用しないように3D Touch機能に無効にする事ができます。今回は、3D Touch機能に無効にする方法をご紹介します。



iPhoneで3D Touchを無効にする方法

iPhone 6以降(iPhone XRを除く)で、[設定]> [一般]> [アクセシビリティ]の順を選択します

3D Touchのオプションが表示されるまで下にスクロールします

3D Touchのオプションをタップします

3Dタッチトグルをオンからオフに切り替えます

3D Touchのタッチ感度も変更できます。これにより、3D Touchを呼び出すときの力加減を調整できます。