MarsEdit開発者は、iOSアプリの無料トライアルで、8つの問題を指摘!

0
265


開発者は長い間、AppleがiOSアプリの無料トライアル版を提供できるようにしたいと考えていました。Appleは定期購読アプリでこれを行うための仕組みを提供しており、今回のWWDCで、同じアプローチを有料アプリでも提供ることを明らかにしていますが、多くの開発者はこの方法に不満を抱いていています。



MarsEdit開発者は、iOSアプリの無料トライアルで、8つの問題を指摘!

MarsEditの開発者であるDaniel Jalkut氏は、Appleの現在のアプローチで8つ以上の問題を指摘したブログ記事を投稿しています。

Appleが提供する方法では、開発者は、アプリ内購入で無料トライアルを提供する形をとっています。アプリ内購入の無料トライアルでは、14日間の無料で、完全な機能を利用できるものです。

Jalkut氏によると、2016年以降、一部の開発者がこれをすでに実施しているといいます。彼はそれが満足のいく解決策からは遠いと主張します。

たとえば、無料版では、コア機能のロックを解除するに支払いが必要であるにもかかわらず、有料アプリは無料で表示されているという。

これは多くのユーザーにとって混乱を招くものだといいます。 MarsEditは$ 50なので、 "無料アプリ"をダウンロードしたユーザーの中には、このアプリが明示的に有料版であると認識できない仕様になっているため、トライアル期間中、無料で使えていた機能が、期間後、突然、使えていた機能が使えなくなり、有料版を購入に、50ドルもかかるという感覚に陥る可能性があるといいます。

もう一つの問題は、それがApp Storeによって提供すべきサービスを、開発者に負担させている点です。

App Storeで、開発者にとっての主な利点の1つは、直接販売取引を管理するビジネスから抜け出すことができることです。

有料フロントアプローチでは、ユーザーはストアを閲覧し、Appleと取引を行い、アプリをダウンロードします。この仕事を引き受けるのと引き換えに、Appleは30%の手数料を開発者から取っています。

ersatzの無料試用版では、トライアル機能の複雑な実装負担が全てアプリ側にきています。アプリではは、アプリの制限をユーザーに伝え、適切な機能を阻止し、アプリ内購入を処理し、アプリ機能のロックを解除するなどの処理を入れないといけません。

他の問題には、この方法で家族共有や一括購入のオプションがありません。

ersatzの無料試用版を利用するには、無料のアプリのダウンロードを許可するためにAppleが最初に承認する必要があります。その後、アプリ内購入プロセスを開始し、無料試用を開始するかどうか再度尋ねる必要があります。

彼はApp Storeで、無料試用システムが本来、どのように機能すべきかを概説している。

本来は、無料トライアルでも有償アプリとしてリストされるべきです。開発者は無料トライアルの期間を選択でき、トライアルが終了すると機能をブロックするというサービスを提供すべきだといいます。