iPhoneで、電話の通話内容を録音する方法

0
263

iPhoneの電話で重要な通話を録音する必要があることも稀にあるかもしれません。通話の録音は、iOSに搭載されている基本機能ではできませんが、使いやすいソフトウェアやハードウェアオプションがいくつかあります。今回、これらのソフトウェアやハードウェアオプションを使ったmiPhoneで通話を録音する方法をご紹介します。



iPhoneで、電話の通話内容を録音する方法

ソフトウェアオプション

iOSの電話アプリの3者間通話機能を使用して自分自身に電話をかけ、自分のボイスメールに録音する通話内容を録音する方法がありますが、非常に特殊な方法のため、電話を録音する信頼性の高い方法が必要必要です。

TapeACallアプリは、通話録音を可能にする最も人気のあるiOSアプリです。ライト版の評価は、4,000点以上のレビューで4.5 点を、プロ版は8,000点以上のレビューで4.6 点を獲得しています。

TapeACall Lite: 通話録音
ビジネス, 仕事効率化無料
TapeACall Pro: 通話録音
ビジネス, 仕事効率化¥1,300

このアプリは、着信および発信コールを録音でき、SMS、Dropbox、Evernoteなどを介して共有可能にする簡単なエクスポートオプション機能など、使いやすいインターフェースと機能を備えています。 TapeACall Liteは1週間無料で利用でき、TapeACall Proは月間、年間の定期購買で、さらに多くの機能を利用できるようになります。

そのほか、UnlimitedやCall Recorder Liteのようないくつかのアプリがありますが、動作がすこし不安定なようです。

ハードウェアオプション

毎月の使用量を支払う必要があるソフトウェアソリューションを選択する代わりに、ワンタイムコストで、録画機能を提供できるハードウェアオプションを選択する方法があります。

まず、PhotofastからLightningに接続可能なレコーダーが提供されています。価格は115ドルで、比較的高価なハードウェアソリューションですが、市場にあるiPhone用の通話を録音できるデバイスとしては数少ないため、一つの選択肢となります。

より手頃な製品で、Koolertronの通話録音用イヤホンがあります。価格は$ 33、512MBのストレージで最大16時間の通話録音が可能です。

最後に、Recorder GearはPR200ブルートゥース通話録音デバイスがあり、価格は109ドルで購入可能です。どのスマートフォンでも動作し、4GBのストレージと12時間のバッテリー寿命があります。

一度限りの通話を録音しようと考えている場合は、ソフトウェアで無料試用をするのが良いかもしれません。ただし、定期的に通話を録音する必要がある場合は、ソフトウェアのサブスクリプションまたはハードウェアオプションを購入した方がいいかもしれません。