Samsungは、予想よりも低いiPhone X売上により、OLEDパネルの生産を減らす計画?

0
332

日経アジアンレビューによると、アップルがiPhone X機種の生産を減らすことを決めた後、サムスンは、OLEDパネルの生産を減らすことを計画していると伝えている。サムスンは今四半期に、2500万〜5000万台のiPhone用のパネルの供給ではなく、今四半期は、iPhone向けに2000万台以下の有機発光ダイオードパネルを製造する予定だ。

同社は4月から6月の四半期の生産目標を決めていないが、日経は、「さらなる削減は店頭で発生するかもしれない」と述べている。 Appleは消費者需要の減少に対応して、iPhone Xの生産を半分に減らしたと伝えられている。

日経は先週、サムスンが余剰生産能力を持ち、アップル社以外の新規顧客のためにOLEDパネルを製造しようとしていると報告した。