奇妙だけど、素晴らしいアイディアのガジェット!自転車バイクペダル、海底スクーターなど

0
266

KickstarterやIndiegogoを散歩してみると、そこには奇妙で不思議なな、ガジェットを開発するプロジェクトが多数あります。今回、その中でも面白いアイディアのガジェットをご紹介します。



素晴らしいアイディアのガジェット

アーバンリバー・ゴミ箱ロボット

人口密度の高い都市部を流れるほとんどの河川が抱えている問題ですが、シカゴ川などは深刻な汚染問題を抱えています。

残念なことに、有名な川には膨大な量のさまざまなプラスチック廃棄物がすてられ流れています。これらのプラスチック廃棄物をなくし、きれいにする努力をしてきても、残念なことになかなか減っていきません。新しく追加されたKickstarterプロジェクトはこれを変えることを目指しています。

アーバンリバーズのゴミ箱ロボットは本質的に、インターネットに接続された遠隔操作のインタラクティブゴミ収集ボートです。このデバイスはゴミ箱のウェブプラットフォームにログインし、指定された時間、ログインしたインターネットユーザーが操作することができます。ナビゲーションできるよう、ボットにはライブストリーミングビデオカメラが装備されており、ユーザーはゴミをリアルタイムで見つけ出し、パイロットはゴミをかだづけていくことができます。ゲーム感覚で河川のゴミ掃除をリモートでできる素晴らしいアイディアです。

Gigabot X – ペレットベースの3Dプリンタ

3Dプリンタは過去数年間に飛躍的に進歩しました。 3Dプリンタの品質、可用性、価格の大幅な向上に加えて、ユーザーは、非常に幅広い素材にアクセスすることができます。これはPLAとABSだけではありません。3Dプリンターは、木材、粘土、ナイロン、そして最近では金属でも材料を作ることができます。

唯一の問題は、まだかなり高価です。購入するフィラメントの種類と品質によっては、1本のプラスチック製スプールで20〜60ドルを支払う必要があります。多くの印刷を行うと、フィラメントのコスト桁違いになることがあります。しかし、同じ結果を達成できる良い方法があればどうでしょうか?それはまさにGigabot Xが目指すものです。フィラメントの代わりに、このGigabot Xはプラスチックのペレットで印刷します。

ペレットで印刷することによって得られる大きな利点がいくつかあります。ダイレクトペレット押出により、より速い印刷が可能になります。現在、フィラメント給紙ギガボットよりも最大17倍高速な印刷時間を実現できています。ペレットプリンタは現在市販されていますが、通常は大規模な製造システムで使用され、多くのユーザーにとってコストがかかります。第一世代のGigabotと同様に、3Dプリンタのアクセシビリティを向上させ、手ごろな価格の大規模なペレットプリンタを作成することで、コストとスケールのギャップを埋めることを目標としています。

アクアジェットH2 – 水中推進装置

フィンはないかもしれませんが、水生生物の優雅さで泳ぐことができるガジェットです。水上スポーツ機器専用の会社であるHoverstar Flight Technologyは、世界中のダイバーやシュノーケラーの経験を向上させるための翼を備えた電動水中スクーターAquaJet H2を開発しました。

平らなサメの頭のように見えるスクーターは、耐水性を低下させ、より大きなバランスと摩擦と抗力につながる航空機スタイルの翼を特徴としています。利用者は、翼の前につかみ、水中で泳いだり、水面を滑って進んだりできます。 「スマートな内部モーター」を搭載したAquaJet H2は、一度に最大4人まで利用が可能で、3つの可変速度を備えています。最高速度は時速5.6マイルで、泳ぐよりはるかに速いです。

QSun – UV露光トラッカー

QSunと呼ばれるこのガジェットは、太陽の皮膚損傷から皮膚を守ることを目的としているだけでなく、日光にさらされても健康な量のビタミンDを得ることができる便利なガジェットです。

クリップオンQSunウェアラブルは、高度なセンサーを使用してリアルタイムで紫外線を測定し、太陽の露出を追跡します。日焼けする前に、外にいてどれくらい長く滞在できるかを計算し、空にある巨大な燃焼ボールから保護する必要があると判断した場合、スマートフォンにアラートを送信します。また、太陽の露出からどれだけのビタミンDを生産したかを計算します。これらの測定基準は両方ともQSunアプリからチェックすることができ、それによって長期的な日光曝露と取得できるビタミンDの履歴を把握することができます。アプリはまた、日焼け止めに、顔の肌の健康を分析する高度な画像処理技術を使用しています。

マグプテッド – 磁気自転車のペダル

自転車に乗っているときに自転車のペダルを踏み損なっていない思いをしたことはありませんか?新しいKickstarterキャンペーンでは、自転車ペダルにライダーの足を取り付けるため、磁石を使った革新的なバイクペダルを紹介しています。 Vault Magpedは、安価で軽量なプラスチック複合材で作られており、ペダル本体に内蔵されたマグネットをつかい、ライダーは自転車用シューズに取り付けられたスチールクリップで、足とペダルを固定します。

「Magped安全バイクペダルは、マウンテンバイクとバイクの真のイノベーションです」と、MagpedのKickstarterキャンペーンページで説明します。 「当社の特許を取得した磁石機構により、いつでも迅速に足を離すことができます。ペダルの標準的なクリックと比較すると、衝突や怪我のリスクは最小限に抑えられます。」と言います。