Appleは、第1四半期に60万台のHomePodを出荷

0
200


ストラテジーアナリティクスは、2018年の第1四半期中にスマートスピーカー市場の最新レポートを発表しました。データは、Appleが今四半期に50万個を超えるHomePodを出荷したことを示しています。しかし市場シェアでは10%未満です。



Appleは、第1四半期に60万台のHomePodを出

スマートスピーカー市場は、2018年の第1四半期に920万台に達し、Amazonは出荷台数を400万台達成しています。 Amazonに続いて、Googleは240万台の出荷、Alibabaは70万台の出荷を行っています。

Amazonの市場占有率は43.6%で、2017年第1四半期の81.8%から低下している。一方、Googleの市場占有率は12.4%から26.5%へと劇的に増加しました。

Strategy Analyticsによると、Appleは第1四半期に60万台のHomePodを出荷しています。これはスマートスピーカー市場の6%に相当します。

ストラテジーアナリティクスの最新四半期調査によると、2018年第1四半期のスマートスピーカー出荷台数は920万台に達しているといいます。マーケット・リーダーのアマゾンは、世界市場シェアでほぼ半減しているものの、昨年の期間より出荷台数が増えています。

GoogleとAlibabaは2位と3位にランクインし、Appleは2018年2月にHomePodを発売して以来、世界で4番目に大きなスマートスピーカーブランドになっています。

このレポートに関して最も興味深い点は、Amazonのマーケットシェアの失速です。同社は主にスマートスピーカー業界を支配してきましたが、現在はApple、Google、Xiaomiとの競争激化に直面している。 400万台の出荷台数は印象的ですが、新しい競争に追いつくためには、さらに多くのことを達成しないといけません。

HomePodは、リリース以来、いくつかの問題に直面しています。ある報告によると、アップル社は売り上げ不振のためHomePodの予測とサプライヤの注文を削減していると指摘している。しかし、Apple社は今年末に発売すると噂される安価なモデルで起死回生を図ろうとしているのかもしれません。