GigabyteのポータブルRX 580 ゲームボックス eGPUは小型ながらもパワフル!

0
2468

最近Macbookでもサポートされた、外付けのeGPUを探しているなら、Sonnet eGFX Breakaway Puckと、Gigabyteから最近リリースされたRX 580ゲームボックスという2つのeGPUがおすすめです。今回は、その一つ、GigabyteのポータブルRX 580 ゲームボックス eGPUをご紹介します。



GigabyteのポータブルRX 580 ゲームボックス eGPUは小型ながらもパワフル!

Sonnet eGFX Breakaway PuckにはRX 570が付属していますが、GigabyteはBreakaway Puckよりも少し大きめの領域にRX 580を搭載しています。

「ゲームボックス」という名前は、Gigabyteの移植可能なGPUを、少なくともmacOSユーザのためにネーミングしています。 macOSでのゲームパフォーマンスは、通常、Windowsでのゲームパフォーマンスほど良くはありません。低電力の統合グラフィックスを搭載したMacBook Proユーザーは、eGPUを採用することで、1秒あたりのフレーム数と全体的なパフォーマンスが大幅に向上します。それは、完全に再生できないゲームを滑らかに再生したい場合や、高品質でゲームを楽しみたい場合に最適です。

今回、Intel Iris Graphicsを内蔵した2017型13インチMacBook Proを使用して、eGPUの性能向上をテストしています。低電力のMacBook Proを外部ディスプレイと接続し快適に3Dゲームを楽しみたい場合は、eGPUがMacBook Proの課題を解決してくれる可能性があります。

RX 580ゲームボックスはユニークでとても印象的です。非常に小さい容姿ですが、RX 580のパワーを内蔵しています。箱の寸法はおよそ8.25インチx 6.5インチx 3.5インチです。

PS4デュアルショックコントローラと比較したサイズ

Gigabyte RX 580は、カスタム冷却ソリューションを備えたミニITX RX 580で、移植性があり、外出先の使用に十分なポータブル性を兼ね備えています。ちょっとしたお弁当箱サイズで旅行バッグも付属しています。

Gigabyte RX 580の売りは、ユニットの450W PSUがエンクロージャ内に完全に統合されているということです。ケーブルに専用のアダプタは必要なく、ケーブルコードだけになっています。

前述のSonnet Breakaway Puckはゲームボックスよりも小型ですが、大型パワーアダプタが付属しており携帯性の課題があります。

仕様

Gigabyte Radeon mini-ITX RX 580 8G GDDR5グラフィックスカード

カスタムスモールフォームファクタ冷却ソリューション

1340 MHz GPUクロック

90%以上の効率で完全に統合された450W PSU

Thunderbolt 3接続性

対象のラップトップへの最大100Wの電力供給

3 x USB 3.0ポート(周辺機器接続用)

1×USBクイックチャージ3.0ポート

RGB融合照明

ショルダーストラップ付きキャリングケース

Thunderbolt 3ケーブル

寸法:8.25インチx 6.5インチx 3.5インチ

重量:5.24ポンド

ゲーミングボックスを使用してみると、熱管理が非常によくされていることに驚きます。

付属のThunderbolt 3ケーブルをeGPUから適格なMacに接続すると、Gaming BoxがRGB照明で点灯します。残念ながら、macOSユーザーはWindowsユーザーのようにRGBの照明パターンをカスタマイズすることはできませんが、このオプションはソフトウェアアップデートで対応される可能性があります。

RX 580ゲームボックスの注目すべき利点の1つは、電力供給機能です。この小さなボックスは、Thunderbolt 3対応のMacBook Proをフルスピードで充電することができ、最大100Wの電力を供給します。

私はOpenGLベンチマークの典型的な試験をおこないました。Gaming Boxは、他の外部GPUエンクロージャと同様に機能しています。

017年の13インチMacBook ProはGPUの支援を大いに受けています。いずれの場合も、Intel Iris 640 Graphicsを使用したスタンドアロンのiGPUのパフォーマンスよりもパフォーマンスが格段に向上しています。Akitio Node ProやSonnet eGFX Breakaway BoxのようなフルサイズのeGPUエンクロージャで、スタンドアロンのフルサイズASUS ROG RX 580の性能と同様に機能していることがわかります。

MacOSのeGPUの最大の問題は、Final Cut Pro Xのような主流のアプリケーション間でeGPUを加速させる支援が不足していることです。eGPUに興味を持つmacOSユーザの大半は、プロアプリユーザーです。RX 580は有能なカードですが、プロアプリのユースケースでは、公式のeGPUサポートはまだまだ程遠い感じです。

eGPUがけして有益ではないわけではなく、特定のユースケースでは問題があるだけのようです。DaVinci ResolveのワークフローではRX 580のようなeGPUの恩恵を受けることを確認できました。パフォーマンスの差は、特に13インチのMacBook Proの統合されたグラフィックスと比較して明らかに差が出ています。

まとめ

GigabyteのポータブルRX 580 ゲームボックス eGPUはmacOSユーザのための最適な、ポータブルeGPUユニットです。その小さなサイズは魅力的で、トラベルバッグが付いており、かさばるパワーアダプタがなく携帯しやすい形です。