360度ビデオで、Waymoのドライバーレス・ミニバンの登場体験ができます!

0
123

Waymoはフェニックスの商用ロボットタクシーサービスの基礎を築き続けています。同社の全面的なドライバーレスミニバンを360度ビデオで公開しました。これは、Waymoが一般の人にも馴染みのあるものになりつつあり、恐ろしい技術ではない認識を高めるために、キャンペーンの一環として公開されました。

アリゾナ州運輸省は最近、州内で交通ネットワークの運営に、Waymoの申請を許可にしました。これは、Uberと競合する乗り継ぎサービスを提供するのに、重要なファーストステップです。しかし、それを始まる前に、自動運転車が都市や郊外の複雑な環境を安全に走行できるという安心感を提供する必要があります。



360度ビデオで、Waymoのドライバーレス・ミニバンの登場体験

ビデオでは、ナレーターは、Waymo-LIDAR、レーダー、および高精細カメラで使用されるセンサーのタイプと、これらのセンサーの範囲に関する簡単なチュートリアルを提供しています。この情報は一般の読者を対象としているため、技術的な詳細はかなりわかりやすいです。そして、360度の機能は、ミニバンのセンシングパワーの全範囲を模倣することを意図しています。

注目に値するのは、Waymoのミニバンがビデオで見ることができる左ターンの数です。昨年、The Informationのレポートでは、左折、特に緑の矢印の交通信号ので、左折をおこなうのが難しい問題がありました。これらの問題は、車両がソフトウェアアップデートをおこなった後に顕著に改善されたと言われています。しかしビデオでは、ミニバンはいくつかを楽に左折している様子が撮影されています。