Apple Watchで、他のユーザーとアクティビティデータを共有する方法

0
415

Apple Watchの最も優れた機能の1つは、アクティビティアプリです。アクティビティアプリは赤い(カロリーを燃やした)、緑色(運動)、青色(スタンド)のリングで表示され、1日を通して蓄積されたアクティビティ量を追跡します。

一部のApple Watchユーザーによっては、中毒的な機能です。さらにこのアクティビティ機能を楽しく使いたい場合は、他のユーザーと自分のアクティビティデータを共有し、他のユーザーとアクティビティリングを達成したか楽しむ事ができます。

今回は、アクティビティデータを他のユーザーと共有する方法をご紹介します。



他のユーザーとアクティビティデータを共有する方法

iPhoneで、アクティビティアプリを起動します。
アプリの一番下にある[共有]アイコンをタップします。一番上に+ボタンがあるのでタップします。

ここから、メッセージアプリケーションで新しいメッセージを作成するのとよく似ています。共有したい送信先を入力するだけです。

追加する名前をタップします。他のユーザーがApple Watchを所有している場合、名前は赤色に変わります。また、メッセージアプリで名前が青色または緑色に変わり、iMessageとSMSを区別するようになります。

右上の[送信]ボタンをタップします。送信先のユーザーからアクティビティリクエストの受け入れを待たなければなりません。承認されると、Apple Watchで通知が届きます。

これで完成です。アクティビティアプリの共有部分には、追加した人物が表示されます。

アクティビティの共有により、他のユーザーのリングを見ることができ、その逆も可能です。アプリ内の名前をタップすると、設定した移動目標と、そのリングを閉じている場所が表示されます。また、達成した成果やトレーニングも表示されます。

すべてのアクティビティデータは、Apple Watchの現地時間で記録されます。