Apple Watchで、ウォーターロックモードを有効にする方法

0
160


Apple Watchシリーズ2以降では、ウォーターロックモードと呼ばれる機能があります。Apple Watchは防水機能があるため、水の中に浸しても大丈夫なようになっています。

ウォーターロックモードでは、誤ったタップやクリックを防ぐために、すべてのハードウェアボタンとAppleウォッチのディスプレイを無効にします。

今回は、Apple Watchシリーズ2以降でウォーターロックモードを有効にする方法についてご紹介します。



Apple Watchで、ウォーターロックモードを有効にする方法

Apple Watchで、ウォッチフェイスを表示していることを確認してください。下からスワイプしてコントロールセンターを開きます。

そこにある、ウォーターロックアイコン(水滴のように見える)をタップします。

有効にすると、Apple Watchの最上部にウォーターロックアイコンが表示されます。

これで、Apple Watchはウォーターロックモードになっており、無効にされるまでデバイスのすべての入力を無効にします。

ウォーターロックモードを無効にする方法

ウォーターロックモードを無効にするには、デジタルクラウンを反時計回りに回します。

Apple Watchは何度もビープ音を鳴らします。これは、スピーカーグリル内の水を逃がすためです。

Apple Watchの反対側では、Apple Watchのスピーカーポートから水が出ることがあります。

ウォーターロックがオンの間は、Apple Watchは引き続き正常に機能し、画面には時刻が表示され、通知が届くと表示されます。