YouTubeの新しい動画の収益基準は、ユーチューバーの収益を直撃!

0
268

ここ数ヶ月で、YouTubeは、論争の的になっている動画に対して多くの批判を受け、また、疑わしい動画コンテンツに広告が表示されることについて、ユーザーの不満が増大している。Youtubeは、この問題に対応し、動画の収益化の基準をさらに強化、正当なレビューを増やし、透明性を高めることを約束しています。



新しい制約事項

昨年4月、YouTubeは、動画の横に広告を表示させる仕様に変更し、収益を得るには、チャンネルに1万回の再生回数が必要であることを義務付けました。 今回、Youtubeは、新しいチャンネルと既存のチャンネルの両方に、さらに制約の要件を追加しています。

ここ数ヶ月間、広告掲載できる権利を獲得するには、適切な内容の要件と適正なシグナルが動画に必要であることが明らかになりました。ビューのみで受け入れを行うのではなく、チャンネルのサイズ、視聴者の関与、クリエイターの行動が広告表示の適正判断に影響します。

今日から、新しいチャンネルには、過去12ヶ月以内に1,000ユーザーと4,000時間の視聴時間が、広告の配信のために必要になります。また、YouTubeは2月20日にすでにチャンネル化にしている既存チャンネルのレビューを開始します。

さらに、YouTubeはコミュニティのストライキ、スパム、その他のポリシーを遵守するために、より詳細に監視します。

新しいYPPチャンネルと既存のYPPチャンネルはこの厳しい基準の下で自動的に評価されます。チャンネルで同じ動画の繰り返し見つかったり、コミュニティのガイドラインに著しく違反したりした場合、そのチャンネルはYPPから削除されます。

制約がYoutube収益に与える影響

一部の動画サイトのコメントでは、この新しいアプローチは広告を掲載できるチャンネルの数にかなりの影響を与えると危機感を募らせています。

これらの変更はかなりの数のチャネルに影響を及ぼしますが、影響を受けた99%ユーチューバーが前年に100ドル以下、90%は2.50ドル以下の収益のユーチューバーでした。

この基準を満たさなくなったチャンネルには、AdSenseのポリシーに基づいて既に獲得した収益が支払われます。慎重に検討した結果、これらはコミュニティを保護するために必要な妥協であるとYoutubeは考えています。

その他の変更には、Google Preferredが、広告主のトップコンテンツを選別するプログラムに含まれているチャンネルで、手作業によるキュレーションに切り替えることが含まれます。また、動画が広告に適したガイドラインに従っていることを確認するため、動画の中身も確認されます。 Google Preferredチャンネルの手動審査は、2月中旬には米国で、3月末には他の国で完了する予定です。



最後に

YouTubeは広告の掲載場所をより透明化し、より簡単にコントロールできるようにするシステムへ構築されようとしています 「3レイヤー適合システム」により、広告主はブランドの適切なプレースメントについての見解を反映しつつ、潜在的な範囲のトレードオフを理解することができます。その他の変更点としては、外部ベンダーと協力してYouTubeに関する第三者のブランド安全性レポートを作成することがあります。

引用元:YouTube Creator Blog: Additional Changes to the YouTube Partner Program (YPP) to Better Protect Creators