iPadアプリ Yoinkは、強力なドラッグアンドドロップアプリ

0
147

Yoink Mac版アプリは、MacOSで効率的にファイルを移動するための一時的な保存場所として機能する便利なユーティリティです。 YoinkのiOS版は、ファイルの一時保存場所として機能する点で似ていますが、想像よりも多くの便利な機能を搭載しています。

Yoinkを起動すると、左上隅に「+」ボタンが表示されます。このボタンを使用すると、クリップボードから項目を追加したり、ファイルアプリをブラウズしたり、写真アプリから項目を追加したり、提供されたURLの場所からダウンロードしたりできます。クリップボードからの追加や写真からの追加が出来ること以外に、ファイル参照とURLのダウンロードのオプションなどがあります。



iPadアプリ Yoinkのレビュー

ファイルアプリの統合

[ファイルの参照]オプションを選択し、Yoinkから直接ファイルアプリにアクセスできるだけでなく、Yoinkはファイルアプリ内のドキュメントプロバイダとして機能します。これは、ファイルアプリとのインターフェースが可能なすべてのアプリから直接Yoinkに保存されているものに簡単にアクセスする事ができます。これはまた、ファイルアプリからYoinkに直接アイテムを素早く移動させる事ができることを意味します。

ファイルのダウンロード

iOSでは、指定されたURLからファイルをダウンロードする方法は長い間存在してきましたが、Yoinkでは簡単に行う事ができます。左上の+ボタンをタップしてファイルをダウンロードするか、URLの場所で共有拡張機能を使用し、Y潜在的なダウンロードを自動的に検出するようにすることで、アプリ自体からファイルを直接ダウンロードできます。 Yoinkはファイルをダウンロードするかどうかを確認するメッセージを表示し、ダウンロードが完了すると通知します。

簡単なドラッグ&ドロップ

iPad上、Yoinkの代表的なユースケースシナリオは、ドラッグアンドドロップと組み合わせた場合です。 YoinkをSlide OverウィンドウまたはSplit Viewウィンドウで実行すると、適格なコンテンツをあらゆるアプリからYoinkに簡単にドラッグできます。

一度アイテムがYoinkに保存されると、それは他の適格なアプリに簡単にコピーすることができます。言い換えると、Yoinkは、特定のニーズに応じてファイルの永続的または一時的な保持領域として使用できます。

複数のファイルをYoinkにドラッグ・アンド・ドロップすることもできます。 Yoinkに同時にドラッグされた複数のファイルは、複数のファイルアイテムグループであるスタックとして追加されます。

共有拡張

Yoinkのドラッグアンドドロップは項目やファイルを取得できる唯一の方法ではありません。 iOSの共有機能拡張をサポートするほぼすべてのアプリから、アイテムをYoinkに追加できます。たとえば、マップアプリから場所を保存する場合は、共有ボタンをタップして、「Add to Yoink」を選択します。逆に、共有拡張機能をサポートするアプリにYoinkからアイテムを追加することもできます。

クリップボードからアイテムを追加する

YoinkがiOSクリップボードに保存されているアイテムを検出すると、それらのアイテムを追加するように自動的に求めます。左上の+ボタンをタップし、クリップボードから追加を選択することで、クリップボードから項目を手動で追加することもできます。

コピーと移動

Yoinkにファイルを追加すると、ファイルをコピーしたり、目的の場所に移動したりすることができます。コピーされたファイルはYoinkの中に残り、移動されたファイルはゴミ箱に置かれます。コピーモードと移動モードを切り替えるには、アプリの左下にある[ロック]アイコンをタップします。

スタックを使用したファイルのグループ化

Yoink内の個々のファイルは、フォルダと同様に動作するスタックにグループ化できます。スタックには複数の種類のファイルを含めることができ、編集オプションを使用して名前を変更することができます。

スタックを作成するには、あるファイルを別のファイルの上にドラッグ&ドロップするだけです。もちろん、複数のアイテムを同時に選択して複数のファイルを簡単にスタックにドラッグできるiPad機能を使用することもできます。スタックの内容を表すために各項目の画像プレビューが表示されます。


スタックから項目をグループ解除するには、スタック上の省略記号をタップして分割を選択するか、右上隅の編集ボタンをタップして、スタックの左上隅にあるグループ解除オプションを選択します。

複数のアイテムをYoinkにドラッグすると、自動的にスタックが作成されますが、このオプションはYoinkの設定で変更できます。スタックを別のスタックの上に置くだけで、スタックをマージすることも可能です。

Yoinkからアイテムを削除する

編集ボタンをタップし、項目の右上隅にある「 – 」記号をタップすると、個々のファイルとファイルのスタックの両方が削除されます。削除されたアイテムはごみ箱に移動され、必要に応じて後で復元することができます。また、1つのファイルまたはスタックの右下にある省略記号ボタンを使用して、Yoink内のアイテムを削除することもできます。

Yoinkのすべてのアイテムを削除するには、右下にある[ごみ箱]ボタンをタップし、[すべて削除]を選択します。同じボタンを使って、現在ごみ箱にある削除済みアイテムを表示することもできます。

ゴミ箱にあるアイテムは、各アイテムの左上隅にある[復元]ボタンを使用して復元できます。ごみ箱に移動されたスタックは、スタックとして復元されます。

また、個々のファイルやスタックを右下隅のゴミ箱にドラッグアンドドロップしてアイテムを削除することもできます。 Delete Allを使用することなく、複数のファイルを選択してそれらをゴミ箱にドラッグし、より効率的な削除を行うこともできます。

ファイルのフィルタリング

Yoinkを使用すると、ファイルを簡単にフィルタリングして、特定のアイテムを見つけやすくなります。アプリの下部にある[すべて表示中]ボタンをタップして、フィルタオプションのリストを開きます。フィルタオプションは、Yoinkに格納されたコンテンツに基づいて動的に表示されます。たとえば、アフィニティフォトドキュメントが内部に保存されている場合、使用可能なフィルタのリストの中に「アフィニティフォトドキュメントを表示」オプションが表示されます。フィルタリングは、探しているアイテムをすばやく見つけるのに最適な方法です。

タイプの管理

Yoinkに追加するアイテムには、さまざまなタイプがあります。テキストスニペット用のRTFとプレーンテキストなどがあります。 Yoinkでは、複数の種類の項目をタップすることで、プレビューおよびコピーするファイルの種類を選択できます。

設定

アプリの上部にある「Yoink」ボタンをタップすると、アプリから直接設定にすばやくアクセスできます。設定には、クリップボードのアイテムを自動的にYoinkに保存するためのクリップボードサポートの設定、複数のアイテムが同時にYoinkにドラッグされたときのスタックサポートの無効化、アイテムの自動削除の設定が含まれます。

キーボード

Yoinkにはサードパーティのキーボードも含まれており、その設定から直接有効にすることができます。キーボードは、テキストエディティングアプリで作業する場合に便利です。これは、キーボードインターフェイスから直接Yoinkに保存された項目とのインターフェースが可能になるためです。

スポットライトのサポート

Yoink内に保存されているすべてのファイルはSpotlightによって索引付けされます。つまり、Spotlightを介した検索に関して、ファイル名の変更は有益です。残念ながら、Spotlightで見つかったアイテムは他のアプリに直接ドラッグできませんが、検索結果をタップするだけでYoink内ですばやく検索できます。