ARKitアプリは、1300万ダウンロードに到達、ゲーム業界で重要な存在に

0
149

Appleは正式にiOS 11の一部として新しいARKitフレームワークを発表し、開発者は拡張現実感に基づいてiPhoneとiPad向けのアプリケーションを開発することができます。 iOS 11はリリースされて6ヶ月以上経ちますが、アプリ分析会社のSensorTowerは、ARKitアプリの人気に関するいくつかのデータを共有しています。

SensorTowerは、ARKitで構築された拡張現実感アプリが9月以来1300万回以上インストールされていると報告しています。これらのダウンロードは、ARKitを単独で使用するアプリです。

分析会社、SensorTowerは、ARKitが一般に公開されてからわずか1ヶ月後、昨年の10月に同様のレポートを発行しました。その時点では、ARKitをつかったアプリは300万回以上のダウンロードを記録していました。

ゲーム部門は引き続きARKitの採用を活発化し、 SensorTowerによると、ARKitのみのアプリダウンロードの47%はゲーム部門のものであり、Utilitiesは14%のダウンロードを占めているという。

 

注目すべき点は、ライフスタイルのカテゴリが前回の5%から今度は11%に倍増したということです。Ikea Placeアプリなどのライフスタイルアプリでは、拡張現実のユースケースが増えているようです。

その後、ARKitアプリのインストールはGamesによって牽引されていますが、ARKitのみのダウンロードのシェアは過去半年で35%から47%に大幅に増加しています。

第2位のユーティリティからのダウンロードシェアは、19%から15%に減少しましたが、Lifestyleはシェアを5%から11%に倍増しました。

SensorTowerによると、AR DragonはARKitのみの無料アプリであり、CamToPlan Proは有料チャートの最上位に位置しています。

最終的に、SensorTowerはARKitアプリの未来を予測します。同社によれば、「ユーザーベースと収益の面で大幅な成長余地」があるとし、App Storeには2,000以上のARKitアプリが「十分にある」としています。