サムスン Galaxy S10のリーク画像は、iPhone Xに対抗した2つの機能を明らかに

0
156

ハイエンドのスマートフォンメーカーのように、Samsungは最新のGalaxy S9とS9 +に大きな期待を持っていたことは間違いない。また、サムスンは2018年2月に第2世代に第9世代のGalaxyデバイスの設計計画を大幅に強化したと報告していましたが、残念ながら最終的に、昨年と同様に設計されたGalaxy S8とあまりかわらないデザインで、Galaxy S9をリリースしています。

今、ギャラクシーS9とS9 +の需要が減り始めている中、サムスンは、2019年の第1四半期または第2四半期に予定されている次期Galaxy S10に、より大胆でより野心的な再設計をめざしているようだ



サムスン Galaxy S10のリーク画像は、iPhone Xに対抗した2つの機能を明らかに

歴史的に信頼できる韓国の出版社The Bellによれば、サムスンは、Galaxy S10で「Beyond」を搭載し「技術上おおきく上回る」パフォーマンッスを実現すると報告しています。

ディスプレイに内蔵された指紋センサ

最初のサムスンGalaxy S10のリーク情報では、指紋センサーをディスプレイガラスが埋め込んだものが登場すると言われています。

現在、クアルコムのガラス内蔵型指紋スキャナーを採用しているデバイス(VivoのV20など)はありますが、S10を搭載したサムスンがこの技術を商用化する最初の大規模なスマートフォンOEMになれば、注目に値する昨日となります。

興味深いことに、The Bellは、ガラス埋め込み型指紋技術がGalaxy S10で登場し、今年の夏後半に登場するGalaxy Note 9に統合されるのかは不明だと語っています。

3Dイメージングセンサー

ギャラクシーS10のもう一つの可能​​性は、iPhone XのAppleのTrueDepthカメラに匹敵する3Dカメラセンサーです。

サムスンはギャラクシーS9とS9 +にAR絵文字機能を導入することで、「3Dイメージング」に挑戦をしていますが、この機能が楽しくインタラクティブではあることは確かですが、iPhone XのAppleのAnimoji機能と比較するとまだまだ未熟な機能です。サムスン社はGalaxy S8に搭載していた同じ世代のカメラ技術をGalaxy S9上で使用しており、ハードウェアのアップグレードの代わりに、ソフトウェア拡張を採用しています。