ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハサウェイ社は、Apple社の株を7500万株買いましし、堂々のApple株主に

0
149

Appleの株価は今週上昇し、AAPLは日中の取引中に新しい高値をつけました。 CNBCのニュースによると、ウォーレン・バフェットのバークシャー・ハサウェイ社は、前四半期にアップル社の株を7500万株買いまし、アップルへの投資を積極的に行なっています。アップルのCEO、ティム・クック氏は、バークシャーの投資ニュースに対しコメントを表明しています。



ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハサウェイ社は、Apple社の株を7500万株買いましし、堂々のApple株主に

Apple CEOのティム・クック氏は、CNBCの声明で、同社はウォーレン・バフェット氏とバークシャーを主要な投資家として歓迎していると語った。ティム・クック氏はコメントで、

私は常に個人的なレベルでウォーレンを賞賛し、彼の洞察とアドバイスに常に感謝してきました。

と語っています。

バフェット氏は、「米国で2番目に高い利益を上げている企業で、2倍の利益を得ている信じられない会社」としてApple社を説明し、Appleに対するバフェット氏のコメントがApple社の株価を1株あたり183.65ドルに押し上げるのに貢献しています。また、Apple社の株価 (AAPL)のパフォーマンスは、ダウ平均株価が今日220ポイント上昇するのきっかけとなっています。

ダウ平均株価は、Apple株の3.4%上昇で220ポイント上昇した。ウォーレン・バフェット氏は、第1四半期中に7500万株を購入したことを明らかにしたあと、ダウ平均株価は開幕直後に100ポイント以上降下しています。

S&P500は0.4%下落して0.75%上昇した。技術株は1.3%上昇しています。ナスダックのコンポジットは、アップルの前上場市場で、フェイスブックで1.3%の利益、Googleの親会社であるアルファベットで1.2%増となった。

アナリストたちは、同社の第4四半期中のiPhoneの低迷を予測していましたが、1週間後にApple社の株価 (AAPL)は上昇しています。アップルはiPhone販売台数の伸びを報告し、iPhoneの収益は投資家を喜ばす結果となりましたが、高価なiPhone Xの性能が高いことに関しては懸念を示している。