Apple、iPhone 7および7 Plusでマイク機能に不具合が生じることがあることを確認

0
93

Appleは、iOS 11.3以降のOSを実行している、一部のiPhone 7および7 Plusモデルのマイクロフォンに問題が発生する可能性があることを確認しました。

報告によると、iPhone 7デバイスにiOS 11.3をインストールした後、電話やFaceTimeの呼び出しでユーザーの声を捉えらえない問題が発生する可能性があることを指摘しています。また、スピーカーフォンの機能にも影響を与え、iPhoneのディスプレイにグレー表示のスピーカーボタンが表示さる不具合があるといいます。



Apple、iPhone 7および7 Plusでマイク機能に不具合が生じることがあることを確認

Appleの技術者は、この不具合に対し、修理スタッフを指導する認定サービスプロバイダに、問題を診断する方法をしめした内部サポート文書を送付しました。

修理スタッフは、影響を受けたiPhoneからオーディオアクセサリを取り外すよう指示されています。この対応により、iPhone 7および7 Plusでマイク機能の不具合が解消されるとしています。

スピーカーボタンがグレイアウトされたままになっている場合は、診断をうけることができます。影響を受けるデバイスは「デバイスがドックを検出できませんでした」または「アクセサリがサポートされていません」アラートが表示されることがあり、この場合は、Apple社認定の修理業者で適切な修理をうけることができます。

この問題は、広範囲でみられる問題ではないようですが、RedditやTwitterなどのさまざまなサポートフォーラムやソーシャルメディアサイトに多数の苦情が投稿されています。問題の原因や影響を受けるデバイスやユーザーの数はわかりませんが、iOS 11.3アップデート内の何かがハードウェアベースの問題を引き起こしている可能性があります。

Appleはまだこのバグを公式に認めていないが、社内のサービス文書を送ったという事実から、修理が必要な問題であることを認識していると思われます。

iPhone 7および7 Plusのマイク問題にたいするトラブルシューティング方法

自分のiPhone 7もしくは、7 Plusのマイクで問題が発生している場合は、Bluetoothオーディオアクセサリをすべて取り外してみてください。

問題が解決しない場合は、アップルの認定サービスプロバイダにコンタクトする必要があります。