Facebookのメッセンジャーキッズに、スリープモードが追加

0
63

6歳から12歳までの子供向けに、Facebookのチャットアプリ「Messenger Kids」はスリープモードを追加しました。親は、アプリを使って子供がどれくらいの時間、Facebookを使用可能にするか制御することができます。



Facebookのメッセンジャーキッズに、スリープモードが追加

新しいスリープモードでは、夜間や宿題の時間など、子供のスマートフォンでアプリを使用できないよう時間を設定できます。スリープモードは、保護者のコントロールパネルからアクセスすることができ、平日または週末を選択、スリープモードの開始および終了時間を選択することができます。スリープモードが有効になっていると、その時間は通知が使えず、アプリのカメラ再生は利用不可、メッセージを送受信できなくなります。アプリを開こうとすると、スリープモードに入っていることを伝えるメッセージが表示され、後でつかうように促されます。

メッセンジャーキッズは12月に発売されて以来、児童開発エキスパート、健康擁護団体、教育者の間で論議されてきました。このアプリはFacebookアカウントを必要とせず、カラフルで遊び心のあるフィルタやGIFを使ったビデオチャットやテキストチャットを主に提供しています。 Messenger Kidsでは、親は子の連絡先リストを制御することができます。

Facebookは、このアプリが子供にとって安全で、オンラインプライバシー保護法(COPPA)に準拠するように設計しているといいます。「Messenger Kidsには広告はなく、子供の情報は広告に使用されていません。無料でダウンロードすることができ、アプリ内課金はありません」とFacebookはブログ記事でコメントしています。