Androidは、ロイヤルティ調査でiOSより高いことが判明!

0
192


CIRPは、今日、モバイルオペレーティングシステムのロイヤリティに関する新しいデータを提出しています。アップルの製品とサービスは、高いレベルのロイヤリティを生み出すことはよく知られているが、アンドロイドはもロイアリティは存在しており、Androidのロイヤルティは実際にiOSよりも91%高いようです。



Androidは、ロイヤルティ調査でiOSより高いことが判明!

CIRPの新しいレポートによると、Androidの忠誠度は91%だったのに対し、iOSは86%で5ポイントひくかった。このデータは、「2017年12月末の状況で、12か月間に新しいスマートフォンデバイスを起動した際に、同じオペレーティングシステムにそのまま残っているユーザーの割合で測定されました。

このデータでは、iOSでは85%〜88%、Androidでは89%〜91%の範囲のロイヤルティが確認されています。

報告書によると、消費者動向としてはは、オペレーティングシステムを選んだあと、アップルとグーグルの両方に対して安定した忠誠心を築いているようだ。

CIRPはまた、Androidの成功の一つは、ユーザーにオペレーティングシステムを切り替えることなくさまざまなハードウェアを試すことができる点も述べています。

ほとんどの携帯電話ユーザーがスマートフォンを所有しており、基本的な電話からスマートフォンへの移行が少なくなった現在、CIRPは、AppleとGoogleは、お互いからユーザーを獲得しあう環境にきているといいます。世界的に多くのAndroidユーザーがいるため、Appleは自然にGoogleからより多くの顧客を獲得していますが、そのような大規模なユーザーベースに対するAndroidの忠誠心は印象的です。

この調査はサンプルサイズ500で実施されたことに注意することが重要です。