Google Voice、 Androidとウェブ用のベータ版プログラムでVoIP電話番号での呼び出しに対応

0
85

Google Voiceのヘルプフォーラムの記事(Android Police経由)は、Wi-Fiとモバイルデータで、VoIP電話からの呼び出しが、モバイルアプリとウェブクライアントから間もなく可能になると発表しました。ユーザーは、アプリがインストールされていれば、複数の端末からGoogle Voice番号で通話することができます。



Google Voice、 VoIP電話番号での呼び出しに対応

ウェブ、Android、およびiOSでサポートされる予定ですが、機能はまだアプリプラットフォーム用に開発中です。こちらのフォームにメールアドレスを登録して、AndroidとWebベータに参加することができます。

また、アプリ内にプロンプ​​トが表示され、発信オプションも表示されます。一方、すべての通話の後、ユーザーは音声品質に関するフィードバックをもとめられることがあります。通話には帯域幅とネットワーク品質にもよりますが、1分あたり約0.2 MBのデータが使用されます。

当初、Obihaiデバイスに関する問題、着信オプション(録音と転送)の欠如、Android Bluetoothの問題、WebアプリはChromeのみで動作するなど、いくつかの問題がありました。

Wi-Fiやモバイルデータ経由での通話を有効にすると、着信通話オプション(通話録音と通話転送)を使用できなくなります。

コンピュータで、Wi-Fi通話はChromeでのみ使用できます。 Firefox、Safari、Edgeの対応版はまもなく登場する予定です。

AndroidのBluetoothサポート

Bluetoothデバイスのボタンを使用して電話に応答することができません。

Bluetoothデバイスがペアになっているときにイヤピースモードを使用できない問題があります。

Androidのバージョンによっては、Bluetoothとスピーカフォンを切り替えようとすると、通話が切断されることがあります。