ファミリー共有を設定し、iPhoneとiPadで子供用Apple IDを作成する方法

0
346


ファミリー共有は、iCloudストレージ、Apple Music、iTuneの購入、ロケーションデータなどを共有することを最大6人まで可能にする便利な機能です。今回、この「ファミリー共有」を使い始める方法をご紹介します。

iOS向けのファミリーシェアリングは、2014年にiOS 8で初めて導入されましたが、Appleは最近、6人のユーザー間で1つのiCloudストレージプランを共有できる便利な新機能を導入しました。



ファミリー共有を設定し、iPhoneとiPadで子供用Apple IDを作成する方法

  1. 設定を開き、名前をタップします
  2. 家族の共有を設定する
  3. 次に[開始]をタップして、最初に共有を開始するカテゴリを選択します
  4. プロンプトに従って、家族会員を招待するオプションが表示されるまで続けます
  5. Apple IDを既に持っているメンバーを追加してください。

面白いことに、すぐ上の画像に示されているすべてのカテゴリの共有をオンにすることはできません。

ファミリー共有を使用するには、支払い方法としてクレジットカードが必要です。一番簡単なのは、初期設定時にペアレンタルコントロールを必要としないApple IDを既に持っている人物を追加することです。

ペアレンタルコントロールオプションを含む子供向けのApple IDを追加または作成する方法について説明します。

上記の手順を完了したら、下の画像のようにもう一度ファミリー共有をタップします。

オンにできる共有機能のリストを確認します。上記の手順で最初に起動したオプションのみが有効になります。

子供が購入やダウンロードを承認できるように、Apple IDを作成するには、「家族会員の追加」をタップします。