FacebookのWhatsAppアプリはプライバシーポリシーを更新!、GDPR対応を追加

0
181

WhatsAppは、更新されたプライバシーポリシーと利用規約を今日共有しています。さらに、WhatsAppでは、今後、データダウンロードツールで利用可能なFAQシートを用意しています。

WhatsAppは今日のブログ記事でこのアップデートを共有し、来月に発効されるEUのGDPRに準拠するように対応すると発表しました。この概要では、WhatsAppは、現時点で、親会社であるFacebookとアカウント情報を共有していないことを再確認しています。



WhatsAppアプリはプライバシーポリシーを更新

このアップデートでは、個人情報を収集するための新たな許可を求めることはありません。WhatsAppで所有している限られたユーザー情報をどのように使用し、保護するのかを説明することが目的になります。

ヨーロッパのWhatsAppは、欧州連合(EU)内に貴団体のサービスを提供し、ユーザーのプライバシーを保護するために、新たな高い透明性基準を満たす団体を設立しました。

WhatsAppでの安全な利用

悪意のある迷惑メールや嫌がらせ的なコンテンツなど、悪意のあるメッセージをWhatsAppまたはFacebookのいずれかに送信すると、Googleは情報を共有し、両方のサービスでそれらをブロックするなどの措置を講じることができます。これら安全上のヒントを確認することで、WhatsAppの安全を確保する方法を知ることができます。

更新された利用規約では、更新されたプライバシーポリシーを見つけることができます。

一方、WhatsAppは、「今後数週間」で、すべてのユーザーがアカウント情報と設定のすべてをエクスポートするようにすると述べています。新しいFAQサポートページには、ツールの仕組みが詳しく説明されています。

Facebookのダウンロードツールと新しいInstagramデータダウンロードツールは48時間以内にリンクを提供しますが、Wh​​atsAppのサポートページには、アカウントレポートは「要請日から約3日後」に利用できるとなっています。