脳のスキャンおよびAIシステムにより、犬が人間の感情をもっとも認識している動物であることが判明

0
182

メキシコシティのメキシコ国立自治大学(National Autonomous University of Mexico City)の研究者たちが、最近公開された研究論文では、脳のスキャンを分析することによって犬が何を見ているかを調べることが可能であることを実証しています。研究者は、機能的磁気共鳴イメージング(fMRI)技術を使用して、移動することなくスキャナーに座るように訓練された4つのボーダーコリーの脳をスキャンしました。犬は幸せ、悲しみ、怒り、恐ろしい顔の表情のイメージを認識していました。その表情は慣れ親しんだ人のもので、脳のパターンに記録されていることが判明しました。



脳のスキャンおよびAIシステムにより、犬が人間の感情をもっとも認識している動物?

機械学習アルゴリズムを使用してこれらのパターンを分析すると、研究者は犬がどの顔を見たかを知ることができたと言います。最も特徴的な脳パターンは、複雑な視覚情報を処理するために使用される脳の側頭皮質で、特定の活動を引き起こす、幸せな顔と関連が大きかった。

研究者は、研究をいくつかの感情状態に限定しているが、犬が、感情的に高い認識を示していることは確かである。もし、誰かがこれの技術をポータブルな脳の読み取り技術に変換する方法を見つけられれば、犬が日常的に周囲の世界をどのように解釈しているかについて、より多くの情報をしることができるようになるかもしれません。

「犬の脳の人間の感情的な顔を解読する」というタイトルの論文を、科学論文リポジトリbioRxivでオンラインで読むことができます。